シミとは違う肝斑(かんぱん)について

シミとは違う肝斑(かんぱん)について

シミとは違う肝斑(かんぱん)について

シミは ある日突然 気がつくものですよね。

 

じわじわと 薄いシミがだんだん濃くなって分かるようになる・・・それは恐怖以外の何でもありませんね。

 

でも、そのシミが ぼうっと薄くて 広い範囲に出ているのなら、もしかするとそれはしみではなく肝斑(かんぱん)かもしれません。

 

肝斑は 大きく薄いシミ状のものがお顔の左右対称に出てくるものを指します。

 

できてしまう原因ははっきりしませんが 一般的には女性ホルモンなどの影響で出来ると言われており 出産後や更年期といった時期に特に出やすくなっています。

 

そして肝斑は しみやそばかすとは違って閉経後などに 自然に目立たなくなってゆくことが多いと言われています。

 

 

しみそばかすに効く薬

 

 

この シミと間違えやすい肝斑ですが、治療に使われる薬は シミやそばかすのお薬とは別の成分のものとなっています。

 

しみやそばかすのお薬と同じく、肝斑のお薬にも市販品があります。

 

しみにしては ちょっと違うかな?と思ったら 気をつけてみてくださいね。