しみそばかすをメイクでカバーする方法

しみそばかすをメイクでカバーする方法

しみそばかすをメイクでカバーする方法

しみそばかすが気になる際に、メイクで上手にカバーできたら、と思いますよね。

 

ですが、シミやそばかすを目立たなくしたい!と頑張りすぎて 厚塗りになってしまったり、逆に目だたせてしまうことも。

 

より自然にカバーするためのメイクのコツをご紹介しましょう。

 

 

目次

 

 

 

 

しみ,そばかす,メイク,カバー

 

シミやそばかすはメイクである程度カバーができます。

 

ですが、コンシーラーやファンデーションをひたすら厚塗りするだけでは老けた印象を与えてしまいますし、メイクも崩れやすくなり逆効果。

 

 

 

シミやそばかすをカバーするのにコンシーラーはとても効果的なアイテムですが、使う際にまず気を付けたいのが色。

 

お肌の色、あるいはいつも使っているファンデーションの色より 気持ち暗めの色を使うようにしましょう。

 

 

同じ色や 明るめの色を使うと 白浮きしてしまい 不自然な仕上がりになってしまいがちです。

 

ピッタリな色のコンシーラーが見つからない、という場合は 複数のコンシーラーの色を混ぜてお肌に合った色にするという方法もあります。

 

また、お肌に付ける際には スティックから直接ではなく、筆や指先を使って なじませるようにつけましょう。

 

ひと手間かかりますが、より自然にシミやそばかすを目立たなくすることができます。

 

 

 

しみ,そばかす,メイク,カバー

 

ファンデーションもさまざまなものが発売されていますね。

 

最近では 薄付きでもカバー力の高いファンデーションも続々と登場し、話題になっています。

 

このタイプのファンデーションは 微粒子で光を反射させることで シミなどの肌トラブルが目立ちにくくなっているのです。

 

昔のように お肌の色そのものを補正する、塗ることで物理的にカバーするというわけではありませんので、仕上がり感も自然で人気になっています。

 

 

 

最近は 下地不要で時短メイクができるタイプのファンデーションも増えています。

 

中にはカバー力が高いものもあり、手軽なのにシミをカバーできることで人気になっています。

 

ですが、さらにお肌をカバーしたい場合には 下地を活用するという方法もあります。

 

ピンポイントでお肌をカバーするコンシーラーと違い、下地にはお肌全体をより自然にカバーします。

 

また、メイク崩れを防ぐ役割がある下地もありますので、メイク直しの回数を減らしたい時などにも活用できます。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

メイクで しみやそばかすをカバーする際のコツがお分かりいただけたでしょうか?

 

シミやそばかすは メイクでカバーするだけでなく、そのものを目立たなくすることも重要です。

 

飲み薬を活用して お肌の内側からしっかりケアをしてゆきましょう。