しみそばかすの飲み薬は白髪を増やす?

しみそばかすの飲み薬は白髪を増やす?

しみそばかすの飲み薬は白髪を増やす?

シミやそばかすの飲み薬で 白髪が増えてしまうという噂があるようです。

 

これは本当でしょうか?

 

目次

 

 

 

しみ,そばかす,効く,薬,白髪

 

そんな噂が最近チラホラ出てくるようになりました。

 

シミそばかすに効く飲み薬は、L-システインというアミノ酸が配合されているものが多くなっています。

 

このL-システインにはお肌にできてしまったメラニン色素が無色化するのをサポートする働きがあります。

 

ですので ポツっと気になってきたシミ、そのもとであるメラニン色素が徐々に薄くなってゆくのを助ける成分なのです。

 

 

 

このL-システインがメラニン色素を無色化する働きがあるのなら、髪の毛のメラニン色素にも何か影響があるのでは?

 

黒い色が抜けてしまえば白髪になってしまうのでは?

 

そのように心配する方も増えているようです。

 

 

結論から言いますと、L-システインには 白髪を増やしてしまうという医学的な根拠はありません。

 

また、L-システインは 過剰にできてしまったメラニン色素に働きかけると考えられています。

 

ですので、シミやそばかすの飲み薬を飲むと白髪になるというのは ちょっと極端な話なのですね。

 

 

 

しみ,そばかす,効く,薬,白髪

 

ですが、L-システイン配合のシミそばかす用の飲み薬やサプリメントを飲んでいたら 白髪が増えた、という口コミも見かけます。

 

これは何故なのでしょうか。

 

 

まず考えられるのが年齢。

 

しみそばかすに効く飲み薬でケアを始める方は 30代〜40代の方が多くなっています。

 

この年代は 多くの方にとって、加齢により白髪が目立ち始める年代でもあります。

 

また、職場や家庭において 何かと重要な業務が増え、ストレスを受けやすい世代。

 

ストレスは 体の血流を悪くし、体の隅々にまで栄養が行き渡りにくくすることで知られています。

 

ですので 髪の健康にも影響を与えてしまい、白髪が増える要因になると考えられています。

 

ですので 何かと白髪が増えやすい年代と言えますね。

 

その時期にたまたまシミの飲み薬を飲んでいたため、関係があるように考える方も多いのかもしれません。

 

 

 

L-システインには お肌にできた過剰なメラニン色素の無色化だけでなく、二日酔い対策成分としても知られています。

 

また、L-システインは 私たちの体の爪や髪の毛にも存在するアミノ酸。

 

ですので毎日取り入れることで 爪が割れにくくなったり、髪の毛にコシが出やすくなるという方も多いのです。

 

メリット大な成分と言えますね。

 

それでも白髪が心配・・・・という方は L-システイン量の配合量が少なめのシミ用飲み薬を選ぶ、あるいはL-システインが配合されていない飲み薬を使うという方法もあります。

 

いずれにしても しみソバカスのケアには 美白効果がきちんと認められた飲み薬を活用することが重要になります。